FC2ブログ
世界の終わる日
フリーターのお惚気あり、山あり谷ありのブログ。 乳の谷間と就職意欲がありません。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


supernova

君の存在だって何度も確かめはする源氏名です。
結構バンプが好きになりつつあって悔しいです。

…恐るべし。ライジングサン。



今日も長いZE★←(´∀`*){キャラじゃないことすると、ウザイよ?)





かくして、駄々の家に一泊した源氏名。


女の子デーだったけれど、まあそのー(角栄?)、いかがわしい事はちょこっとしたので。ベッドは暑いので床で寝てたりなんかして。
起きた時間は夏休みとは思えない午前6時。
その日から駄々はインターンシップ。駄々は私よりも早く起きていた。
少し意識が曖昧なところで鼻が「ぐぐうう」と鳴った。すごく恥ずかしかった。
ゆっくり、駄々が頭を撫でてくれた。
とても暖かくて、小さいときに母親とか、父親が撫でてくれたのを思い出した。
ドアが開いて、閉まる音がした。
こっそり起きて駄々の帰りを待ってみた。
駄々はシャワーを使いに出かけたようで、15分くらいボーっと駄々の部屋の天井を見ていた。
駄々の足音が聞こえて、また寝た振りをした。
駄々は気づいていないみたいだったのでようやく起きた振りをした。

「おはよう。」

駄々は無駄に照れていた。

駄々はその後、朝ごはんにゴボウ入り焼きそばを作って、少し分けてくれた。
何か不思議だった。
彼氏以外の男の部屋で、焼きそばを食べる、自分。
無性に煙草が吸いたくなって換気扇の下で煙草を吸った。

「なんか、こんな関係でいたいな~って。思っちゃいましたよ。」
「俺は…二股かけられるのもかけるのも嫌かな…。」
「…そっすか。また、来ても良いですか?」
「うん。来なよ。」

その間にスーツを着て、出勤準備をする駄々。
スーツに異常なまでにドキドキして、写メを撮った。
実家とインターン先がすごく近所だったのと、思ったより早く職場に着いてしまって、実家まで送ってくれる事になった。

「家ここっす。」
「家、ここなんだぁ。」
「ありがとうございました。」
「俺、多分今日店に行くから。」
「じゃあ、待ってますね。」
「うん、じゃあ。」
「それじゃあ、インターンがんばってくださいね。」

家に帰って、私は眠った。
起きたら2時半頃だった。
バイトは5時から。少しダラダラして、店に向かった。
毎週月曜日は新規の商品が入ってくるので店内は慌しかった。
私は駄々の代打でシフトに入っていたのでずっとレジで仕事をしていた。


入り口の自動ドアの向こうからスーツ姿の駄々が歩いてくるのが見えた。


私は知っていたけど知らない振りをした。
すごくドキドキした。
お客さんがレジに水道料金を払いに来た。
事務所のロッカーに置いてあったパソコンを持った駄々が女子高生の血毛ちゃんとウォークインの前でフェイス取りを考えている。
もう一人レジに人が並んだ。

「レジ…お願いしまぁぁす。」

かなり動揺していた。いつもなら三人並んでやっと呼ぶか呼ばないかの私が。一人で。
駄々は私と会話を交わす事無く帰っていった。

そういう関係は、本当にこういう関係なのか。

何となく寂しくなった。
血毛ちゃんに「今日源氏名変だよ~。」と茶化されながらバイトを終えた。
血毛ちゃんとはなぜだか、シフトの上がりが同じなら必ず一緒に帰っていた。

私はそこで血毛ちゃんにすべてを打ち明けた。

そして血毛ちゃんの家に泊まった。
深夜1時。
無性に駄々に会いたくなった。


誰の存在だって 世界では取るに足らないけれど
誰かの世界は それがあって 造られる
君の存在だって 何度も確かめはするけど
本当の存在は 居なくなっても ここに居る
     BUMP OF CHICKEN -supernova-









昨日よか短い。
明日もあるよ(笑)。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




ワレワレハ、コンナ感ジ。

源氏名 シズカ

Author:源氏名 シズカ
左:駄々
右:源氏名
中:へなちょこりん


★ I LOVE ROCK ★


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


I want you, I need you.

このブログをリンクに追加する


>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。